ホーム »

肉蝮伝説を読んだ

ヤミ金ウシジマくんのスピンオフ作品ですね。
昔Kindleの無料版で2巻まで読んでみたことがあったんだけど、微妙だったので放置してたんですよ。
ですがオススメに出てきたのでなんとなく3巻を買ってみたらハマってしまいまして。

現在9巻まで刊行されているのですが、一気に読んでしまいました。
ウシジマくんでの肉蝮はただのヤバイやつ扱いなんですが、このスピンオフ作品はちょっと毛色が異なり。
悪が悪を成敗するようなスタイルで進んでいくので、肉蝮がある意味ヒーローになっている感じで面白い。

基本的にヤバイやつなことには変わりないのですが、本編とは違う人間臭さ的な要素もあるのでちょっといいヤツになっています。
これ時代設定は平成初期なのかな?昔のガラケーが出てくるので今のスマホ時代に見るとちょっと違和感。
初期のウシジマくんの時代設定に合わせているのかもしれません。あっちは途中でスマホになっていたと思うけど。

圧倒的な暴力シーンは必見なので、格闘マンガ好きな人にも合いそう。
もちろんウシジマくん読者も楽しめると思います。敵側の悪がかなり胸くそ悪い感じなのでその点合う合わないはありそうですが・・・。
自分は今後の単行本を買い続ける予定です。

マンガワンってアプリでウシジマくんが連載されていて(毎週月曜更新)、ちょっとずつなら無料で読めるんだけど、やっぱ本編も面白い。
今はフリーエージェントくんなんだけど、懐かしいなぁ。この話は結構全体でも好きな方。金の価値観的な話だからウシジマくんとも馴染むのだろう。

作者の次回作はいつ出るんでしょうね。まぁ間違いなく単行本買いますが。